解体作業が進み、木の基礎がむきだしになった仮設住宅=10日、西原村の小森仮設団地(高見伸)

 熊本県は10日、熊本地震に伴い仮設住宅などで仮住まいを続ける被災者が1月末で4393人(1863世帯)だったと発表した。自宅再建や民間賃貸への転居が進み、2016年4月の震災発生から、約3年9カ月で...​

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note