三池海上保安部職員の話を聞きながら、漂着ごみの分類を考える児童たち=荒尾市

 熊本県荒尾市の荒尾一小4年生86人が11日、ラムサール条約に登録されている荒尾干潟で、三池海上保安部(大牟田市)の職員と一緒に漂着ごみを調べた。三池海上保安部が子どもたちに海の環境保全の大切さを学ん...​

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note