海外の大会に出場した証しでもある選手パスを手にする中川誠一郎=6月21日、熊本市中央区の自宅(高見伸)   

 2度目の五輪出場となった2016年のリオデジャネイロ五輪。中川誠一郎(日本競輪選手会熊本支部、熊本市)は、競輪で規制が始まった、重いギアへの対応に不安を抱えていた。  男子スプリント予選は10秒2...​

熊日発のニュース