J2復帰へ望みをつなぐため、熊本は残り試合を勝ち続けるしかなかった。この大事な正念場で、わずかシュート4本。攻撃力不足を露呈して無得点に終わり、FW原一樹は「ボールの保持はできていたが、シュートまで...​

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note

◇広告企画「ロアッソ熊本応援プロジェクト」にご協賛いただいた、企業・団体の皆様です。(順不同) 主催/みんなで行こうJ実行委員会