ヒ素汚染研究、後世に 熊本学園大が堀田医師寄贈の資料公開

熊本日日新聞 | 9月6日 11:00

熊本学園大に寄贈したヒ素汚染研究の資料について幸田亮一学長に説明する堀田宣之医師(右)=5日、熊本市中央区

 熊本学園大水俣学研究センター(熊本市中央区)は5日、ヒ素汚染の研究に尽力した医師の堀田宣之・桜が丘病院理事長(77)=同区=の研究資料の公開を始めた。宮崎県の土呂久鉱害や海外の汚染地域の記録など貴重...​