ストックホルム五輪国内予選会のマラソンで優勝した金栗四三。左手に持つのが優勝の小カップ。右側が大カップ=1911年(和水町教育委員会提供)

 1911(明治44)年に国内で初めて開かれた五輪予選会のマラソンで、優勝した金栗四三に贈られた優勝カップのうちの一つが、熊本県内在住の縁故者から玉名市立歴史博物館に寄託された。同博物館は「日本の五輪...​