県土地家屋調査士会の測量データから制作した八千代座の3D映像(同会提供)

 熊本県土地家屋調査士会が26日、山鹿市にある国指定重要文化財「八千代座」の3次元(3D)測量データを市と県に寄贈した。建物が被災した際の復元や、VR(仮想現実)を使った観光PRなどに役立ててもらう。...​

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note