「特定技能」制度で働くミャンマー人のザザウさん(手前)と、収穫作業を見守る雇い主の宮崎龍昭さん=6日、宇城市

 担い手の高齢化や後継者不足に悩む農業の現場では、これを補う外国人材の役割が拡大する一方だ。昨年度から受け入れ枠を拡大する「特定技能」制度も始まったが、アジア諸国の経済発展で国境を越えた人材獲得競争も...​

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note