熊本市中心部を走る2両編成の超低床車両。市電開通100年を見据えた経営計画骨子案には、さらに多編成の車両や急行ダイヤの導入検討などが盛り込まれている=熊本市中央区

 熊本市交通局は、2024年の市電開通100年を見据えた経営計画(21~28年度)の骨子案をまとめた。重点プロジェクトとして、輸送能力の高い多編成車両や朝夕ラッシュ時の急行ダイヤの導入を検討。運転士の...​

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note