水没した火縄銃の手入れを欠かさず、演武する日を待つ葦北鉄砲隊の平江大八隊長(右)と野口行夫副隊長=芦北町

 熊本県芦北町の親善大使を務める葦北鉄砲隊がこの5カ月間、演武ができずにいる。新型コロナウイルスの感染拡大でイベント自粛が続く中、豪雨災害が追い打ちをかけた。火縄銃も水没したが、隊員たちは銃を手入れし...​

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note