自費で設置した手すりの横で「被災者にとって本当に必要な支援策を考えてほしい」と話す片岡凉一さん(左)とみつ子さん夫婦=益城町

 熊本地震で自宅が全壊した熊本県益城町辻の城の片岡凉一さん(68)は2017年に自宅を再建し、震災前と同じように廊下や玄関、風呂場に手すりを取り付けた。妻みつ子さん(71)は関節リウマチで両膝に人工関...​

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note