解体された熊本城の西大手門。石垣の目地を埋めるしっくいが目を引く=2月19日撮影

 二の丸広場の東側にある西大手門は全て解体され、一部が崩れた石垣だけが残る。石垣には、白い模様のような線が描かれている。
 熊本市熊本城調査研究センターの職員によると、白い線は「目地しっくい」と呼ばれ、...​

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note