江戸時代前期、小天守を築造するために拡張したとみられる北側部分(赤色の丸で囲っています)=2017年4月、小型無人機で撮影(現在は小天守4階と1階は解体されている)

 熊本地震で被災した熊本城天守閣では、小天守(地下1階、地上4階)の最上階の解体工事が14日に終わった。熊本市は当初4階部分の解体を予定していなかったが、耐震性を高めるため軽量化することにした。地震前...​

平成28年熊本地震の最新ニュース