ハーモニカで郷愁の音色 仮設住宅で暮らしながら高齢者施設慰問700回

熊本日日新聞 | 7月17日 16:00

通算700回目となる訪問演奏で、ハーモニカを奏でる江藤秀樹さん=9日、益城町

 熊本地震で自宅を失った益城町島田の元県職員、江藤秀樹さん(81)は、仮設住宅で暮らしながら高齢者施設を訪ね、ハーモニカの演奏を続けている。1994年から始め、7月9日で700回を数えた。「体力が続く...​