くまにちコム:熊本のニュース速報なら熊本日日新聞

テキスト版サイトマップ


くまにちコム トップ > 第32回 くらしの工芸展 > 熊日賞に島田さん(熊本市)


くらしの工芸展

熊日賞に島田さん(熊本市)

写真
 第32回くらしの工芸展2014(県伝統工芸館・熊日主催)の審査が12日、熊本市の熊日本社であり、グランプリの熊日賞に島田真平さん(39)=同市中央区=のガラス工芸「青波文大皿[あおはもんおおざら] 台付[だいつき]」が選ばれた。

 受賞作は、透明なガラス皿と青いガラスの輪を接ぎ合わせた直径約43センチの大皿で、台に乗せてインテリアとして飾ることもできる。審査では「実用性と美を兼ね備えており、技術も高い」「シンプルなデザインで際立って目を引く」と評価された。

 準グランプリの県伝統工芸館賞は、河津君代さん(61)=菊池市=の「麻の組ひも のれん(いらっしゃいませ)」が受賞。「重厚で迫力があり、品もある」と評された。

 同展は、暮らしに安らぎをもたらす手作りの工芸品を募る公募展。県内外の180人から279点が寄せられ、入賞10点、入選187点が決まった。審査員は小川哲男(陶芸作家・日本工芸会正会員、佐賀市=天草市出身)、富山弘基(京都伝統染織学芸舎主宰、京都市)、荻野克彦(プロダクトデザイナー、東京都)、宮崎珠太郎(竹工芸家、山鹿市)の4氏。

 入賞・入選作品展は10月28日~11月3日、熊本市の県伝統工芸館で。作品は抽選販売される。28日午前10時から同館で開会式と表彰式がある。(中村美弥子)


熊本日日新聞2014年09月13日

個人情報保護方針著作物の利用についてお問い合わせ

↑このページの先頭へもどる


「くまにちコム」に掲載の記事、写真等の無断転載は禁じます。著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。

Copyright Kumamoto Nichinichi Shimbun