第65回肥後医育塾「ワクチンのこと正しく知りましょう」

募集中 2018年9月30日(日)

 近年、様々なワクチンが、十分な説明もないまま副作用などの不安を持たれている場合があります。本セミナーでは、親が責任を負う小児科領域、中学生への接種が議論になっている子宮頸がん(HPV)ワクチン、そして肺炎球菌ワクチンを中心に解説します。健康を守るひとつの手段として、ワクチンについて正しい理解を深めましょう。

日時 2018年9月30日(日)
会場 ホテル熊本テルサ テルサホール(熊本市中央区水前寺公園28‐51)
定員 300名
参加費 500円(※会場でいただきます)
申込方法 郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、講師に質問のある方は質問事項を記載し、下記のいずれかの方法でお申し込みください。

<ハガキ>
〒860-8506(住所不要)
熊本日日新聞社 業務推進局営業企画部
「肥後医育塾事務局宛」

<FAX>
096-372-8711 「肥後医育塾事務局宛」

<E-mail>
iiku@kumanichi.co.jp

<電話>
096-361-3226(平日9:30~17:30)

※ご参加の方には、開催の1週間前を目途に聴講券をお送りします。
※応募時の個人情報は、本セミナーの確認・連絡のみに利用します。

講師およびプログラム(予定)

開会挨拶
遠藤文夫氏(肥後医育振興会常任理事)※予定
主催者挨拶
西 勝英氏(肥後医育振興会理事長)※予定
座長挨拶
片渕 秀隆氏(熊本大学大学院生命科学研究部産婦人科学分野 教授・肥後医育振興会理事)
中村 公俊氏(熊本大学大学院生命科学研究部小児科学分野 教授)
講演①「予防接種は縁の下の力持ち~くるしい感染症から まもってくれる 予防接種のお話だモン~」(20分)
講師 小山 宏美氏(熊本県健康福祉部健康危機管理課 課長補佐)
講演②「こどもの予防接種の現状と課題」(20分)
講師 柳井 雅明氏(熊本地域医療センター/熊本県予防接種センター 小児科部長)
講演③「若い世代に増加する子宮頸がんとワクチン接種の現状について」(20分)
講師 宮原 陽氏(熊本県がん検診従事者〔機関〕認定協議会子宮がん部会 委員・みやはらレディースクリニック院長)
講演④「肺炎球菌ワクチンの現状」(20分)
講師 村中 裕之氏(済生会熊本病院TQM部 副部長)
講演⑤「ワクチンの副反応はなぜ起きるの?」(20分)
講師 有馬 英俊氏(熊本大学大学院生命科学研究部製剤設計学分野 教授)
質疑応答
※事前に集まった質問に答えます
閉会挨拶
遠藤文夫氏(肥後医育振興会常任理事)※予定

主催 公益財団法人 肥後医育振興会、一般財団法人 化学及血清療法研究所、熊本日日新聞社

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube