熊本城大天守外観復旧記念 熊本城と武の世界 《前売券販売中》

チケット販売中 2019年10月26日~12月15日

 平成28年の熊本地震により被災した、熊本城大天守の外観修理完成を記念して、熊本城主・加藤家、細川家の「武」にまつわる歴史資料や美術工芸品を、主に熊本城との関わりに沿って紹介します。
 加藤清正によって築かれた熊本城は、加藤家改易後に熊本藩主となった細川忠利によって整備され、明治維新を迎えるまで細川家の居城として用いられました。難攻不落の城づくりをめざし、度重なる改修によって強化された熊本城の防衛力は、明治10年(1877年)に勃発した西南戦争で、50余日に及ぶ過酷な籠城戦を耐え抜いたことにより、図らずも証明されることになります。
 本展では、桃山時代の築城から、江戸時代の改修を経て、明治時代にいたる熊本城の歴史と、それをとりまく「武」の世界を、加藤家、細川家ゆかりの甲冑や刀剣と、城絵図や古文書をはじめとした歴史資料からたどります。また、菊池地域で活動した延寿派の刀剣と、肥後の豪刀・同田貫、肥後鐔をはじめとした刀装具の美をご紹介します。

展覧会サイト


会期 2019年10月26日(土)~12月15日(日)
※月曜休館。11月4日(月・振休)は開館し、翌5日(火)休館。11月18日(月)は「障がいのある方々のための鑑賞デー」として開館。
※作品保護のため、会期中に一部展示替えを行います。
会場 県立美術館本館2階展示室(熊本市中央区二の丸)
観覧料 一 般 1000円(800円)
大学生 800円(600円)
■カッコ内は前売り、20人以上の団体料金
■高校生以下、障害者手帳をお持ちの方は無料
チケット販売 熊日プレイガイドほか各プレイガイドで販売中。熊日販売センターでも受け付けます。

主催/熊本県立美術館、熊本日日新聞社、RKK熊本放送、永青文庫

特別協力/熊本大学永青文庫研究センター

特別協賛/肥後銀行

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note