市民参加型シンポジウム 学校の働き方改革を考える

~将来のくまもとを担う子どもたちのために~ ≪参加者募集≫

12月25日 09:27

【日時】 平成30年2月12日(祝・月)午後1時半開演(午後1時開場)
【場所】 熊本テルサホール(熊本市中央区)
【内容】 ▽第1部=基調講演「不機嫌さんより、ご機嫌さんな学校とは?」谷口真由美氏(大阪国際大准教授)
▽第2部=パネルディスカッション「学校現場のいま、そして、これから」パネリスト・村崎一英氏(県PTA連合会長)、遠藤洋路氏(熊本市教育長)、平江佳幸氏(中学校教諭)、前田康裕氏(熊本大学教職大学院准教授)。
アドバイザー・谷口真由美氏。コーディネーター・泉潤熊日編集局社会部長
【定員】 300人。先着順に受け付けます。
【参加料】 無料
【申し込み】 はがきに郵便番号・住所・氏名・年齢・電話番号を明記の上、〒860-8506(住所不要)、熊日業務推進局「シンポ0212」係へ。ファクス096(372)8711、TEL096(361)3344=平日午前9時半~午後5時半受付、12月29日~1月3日は休み=でも受け付けます。申し込み時の個人情報は本事業の連絡のみに使用します。

主催 熊本日日新聞社
協賛 県教職員組合、熊本市教職員組合、県高等学校教職員組合