細川コレクションI 細川忠利と三宅藤兵衛 肥後にやってきた、光秀の孫たち

5月14日 10:22

【会期】 5月16日(土)~7月5日(日)。月曜日休館。
【会場】 熊本県立美術館本館別棟展示室(熊本市中央区二の丸2)

 江戸時代に肥後へやってきた2人の明智光秀の「孫」に注目します。一人は細川忠利。細川忠興と光秀の娘ガラシャの子として生まれ、寛永9年(1632)に熊本藩主となり、肥後にやってきました。もう一人は、三宅藤兵衛。明智家臣の明智秀満(三宅弥平次)とガラシャの姉の子です。最初に細川家、次に唐津藩寺澤家に仕え、後に天草富岡城の代官として肥後にやってきました。本展では、ゆかりの品々を中心に彼らの人物像を紹介します。

【観覧料】 一般210円(160円)大学生130円(100円)。※高校生以下と障害者手帳をお持ちの方は無料。かっこ内は20人以上の団体料金。
【問い合わせ】 同館TEL096(352)2111

主催 熊本県立美術館、永青文庫、熊本日日新聞社、RKK熊本放送