開館30周年記念 秋季特別展覧会 妙見信仰と八代

10月13日 09:52

 八代には、北極星や北斗七星が神格化した「妙見」が亀蛇[きだ]に乗り、7世紀後半に渡来したという伝承があります。本展では、各地に現存する絵画や彫刻作品などを通してさまざまな妙見信仰の歴史を紹介し、八代の「妙見」の深層に迫ります。

【会期】 10月22日(金)~11月28日(日)月曜日休館。
【会場】 八代市立博物館未来の森ミュージアム(八代市西松江城町)
【観覧料】  一般800円(640円)、高大生500円(400円)
※中学生以下と障害者手帳などを提示の方は無料。カッコ内は20人以上の団体料金。
11月3日(水・文化の日)は無料公開。
【問い合わせ】 同館TEL0965(34)5555

主催 八代市立博物館未来の森ミュージアム、八代市、熊本日日新聞社

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note