需要低迷に悩む製菓会社を応援

熊本市の食品会社 新商品を開発

熊本日日新聞 | 2021年04月17日 14:00

製菓会社と個人の副業支援で開発された新商品をPRする渕上彩夏さん=16日、熊本市中央区

 新型コロナウイルスの影響で土産菓子の需要低迷に悩む製菓会社を応援しようと、食品販売の熊本ネクストソサエティ(熊本市)は、一般の人の発想を生かした新商品開発を始めた。第1弾の商品が完成し、16日に同市内の3店で発売した。

 菓子作りが得意な主婦など個人の副業支援も兼ねて企画した。コロナ禍で新たな事業展開を模索する清正製菓(同)が賛同し、グループ会社従業員の提案を基に、甘さ控えめで軽い食感のチョコレートケーキを商品化した。

 販売初日は、地元タレントの渕上彩夏さんが同市中央区手取本町の「ヒノマル&LIBCAFE」で一日店長を務め、商品をPRした。1個270円。清正製菓の2店でも販売する。今後は一般から提案を募り、商品化する計画。(小林義人)

ヒノマル&LIB CAFEで販売

ヒノマル&LIB CAFEは、熊日の記事で紹介された商品も取り扱っています。

住所 熊本市中央区手取本町4-15 みどりやトーキビル1F

 

アクセス 熊本市役所と下通アーケードを結ぶ「いちのいち通り」沿い
熊本市電の「通町筋」電停から徒歩3分
産交バス、都市バス、電鉄バス、熊本バスの「通町筋」バス停から徒歩3分
営業時間 午前10時~午後8時
定休日 不定休
電話 096-327-9283

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note