IOC、ロシア選手復帰の方針へ 中立、戦争支援しないなど条件に

共同通信 | 2023年1月26日 11:40

 IOC理事会に出席したバッハ会長=2022年12月、ローザンヌ(IOC提供・共同)
 IOC理事会に出席したバッハ会長=2022年12月、ローザンヌ(IOC提供・共同)

 【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)は25日、ウクライナ侵攻でスポーツの国際大会から除外されているロシアとベラルーシの選手について「いかなる選手もパスポートを理由に大会参加が妨げられてはならない」とし、本格的に復帰を検討していくと発表した。自国を代表しない「中立」の立場、戦争を積極的に支援しないことなどを条件としている。来年のパリ五輪に向けて「団結の使命」として方針転換を鮮明に打ち出した形だ。

 IOCは17、19日にIOC委員や国際競技連盟(IF)などと会議を行い、両国選手の国際大会参加について意見を集約。25日に理事会を開いて協議した。

ランキング

イベント情報