豊田合成、トヨタ東で決勝 ハンドボール日本選手権

共同通信 | 2022年12月10日 16:38

 ハンドボールの日本選手権男子第4日は10日、山口県のキリンビバレッジ周南総合スポーツセンターで準決勝が行われ、豊田合成とトヨタ自動車東日本が11日の決勝に進んだ。

 3連覇が懸かる豊田合成は主将の小塩が8得点し、ジークスター東京に27―26で競り勝った。トヨタ自動車東日本は、GK関口を中心に守備が安定し、大同特殊鋼を32―22で破った。

ランキング

イベント情報