年金を支給しないのは「再度の死刑判決に等しい」 <免田事件資料を読む=記録編>⑩

熊本日日新聞 | 2022年12月9日 07:34

 免田栄さんは1983(昭和58)年、57歳の時に再審無罪で社会復帰を果たしたが、その後に予期せぬ困難が待ち受けていた。誤った捜査と裁判で34年半の獄中生活を強いられたことによる「無年金問題」だ。  国民年金制度が始まったのは61年。免田...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 720字(全文 840字)

熊本のニュース記事一覧

ランキング

イベント情報