教団、当事者のみの養子縁組制止 「両家だけで進めてはいけない」

共同通信 | 2022年12月7日 17:41

 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)が奨励していた養子縁組に関し、教団関連の書籍に「両家、地区、教会だけで話を進めてはいけない」との記述があることが7日、分かった。当事者のみで養子縁組をまとめるのを制止しており「家庭部長」が間に入ることや、成立前に教団本部へ申請書を出し報告するよう求めている。

 厚生労働省はこれらを把握しており、教団本部に東京都と連名で、養子縁組あっせん法への抵触の有無を調査する質問書を送付、5日に回答を受領した。あっせんを許可なく反復継続的にした場合は、金銭授受の有無にかかわらず同法違反に当たる可能性がある。

ランキング

イベント情報