真珠湾81年、米ホノルルと交流 山本五十六の故郷、長岡の小学生

共同通信 | 2022年12月7日 19:27

 米ハワイ・ホノルル市の子どもたち(画面)とオンラインで交流する新潟県長岡市の小学生=7日午前、長岡市
 米ハワイ・ホノルル市の子どもたち(画面)とオンラインで交流する新潟県長岡市の小学生=7日午前、長岡市

 旧日本軍による米ハワイの真珠湾攻撃から8日で81年となるのを前に、攻撃を指揮した連合艦隊司令長官山本五十六の故郷・新潟県長岡市の小学生が7日、姉妹都市のハワイ・ホノルル市の子どもたちとオンラインで交流し、互いの文化や歴史を紹介した。

 長岡市立表町小の6年生とホノルル市のアヌエヌエ学園の子どもたち約50人が参加。表町小からは、約1500人が犠牲となった長岡空襲の遺構などについて学んだ成果を英語で発表した。

 その後、姉妹都市締結に尽力したホノルル市在住のエドウィン・ホーキンス氏が講演し「相手を理解し、違いを受け入れ共に歩む道を進まないといけない」と語った。

ランキング

イベント情報