作家の佐川一政さんが死去 「パリ人肉事件」

共同通信 | 2022年12月1日 22:45

 佐川一政さん(ゲッティ=共同)
 佐川一政さん(ゲッティ=共同)

 「パリ人肉事件」で知られ、作家としても活動した佐川一政さんが11月24日午後、肺炎のため東京都内の病院で死去した。73歳。神戸市出身。喪主は弟純さん。

 1981年、留学先のパリで知り合ったオランダ人留学生の女性を自宅に招いて射殺、その肉を食べたとしてセンセーショナルに報じられた。精神鑑定の結果、「心神喪失状態」として不起訴処分となり、84年に日本に送還された。

 「霧の中」などの著作を執筆するなど作家としても活動。劇作家の唐十郎さんが、事件を題材に書いた小説「佐川君からの手紙」は芥川賞を受賞した。

 遺族によると、脳梗塞を患った後、近年は療養中だった。

ランキング

イベント情報