ビール麦芽の搾りかすからナノ繊維素材 熊本市のダイヤモンドブルーイング、岐阜大学と共同研究

熊本日日新聞 | 2022年10月25日 19:55

image

 ビールの製造や販売、飲食事業を手がけるダイヤモンドブルーイング(熊本市)は、岐阜大(岐阜市)と共同で、麦芽を加工した残りかすから「セルロースナノファイバー」(CNF)を取り出して資源化する研究を10月から始めた。廃棄物を有効活用し、持続可...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 572字(全文 692字)

ランキング

イベント情報