【赤色灯】手がかりは「シニアカー」

熊本日日新聞 | 2022年6月1日 20:19

 熊本県の大津署は31日、窃盗の疑いで、菊陽町の無職の男(75)を逮捕した。逮捕容疑は1月26日午前、町内の公民館で、地元の農業男性(72)の軽トラックから、現金約1万6千円やクレジットカードが入った財布を盗んだ疑い。

 署によると、公民館の防犯カメラが犯行の様子を記録。男は「シニアカー」と呼ばれる電動車いすで現場に現れ、無施錠だった軽トラックの助手席のドアを開けて車内を物色した。帽子に隠れて人相は判然としなかったが、手がかりはシニアカーだった。

 署はライトの位置やハンドルの形などから、メーカーに続き車種の割り出しに成功。「広範囲の移動は困難」とみて現場周辺を重点的に捜査した結果、同じ車種が男の自宅に止めてあったのを見つけた。男は容疑を否認している。

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube