入国上限、1日2万人に拡大 政府、経済再生へ水際緩和

共同通信 | 2022年6月1日 10:21

 成田空港に到着し、検疫検査場へ向かう人たち=1日午前
 成田空港に到着し、検疫検査場へ向かう人たち=1日午前

 政府は1日、新型コロナウイルスの水際対策を緩和し、1万人だった1日当たりの入国者上限を2万人に引き上げた。検疫措置では、国・地域を感染リスク別に3分類し、ワクチン接種状況も踏まえ入国時の検査や自宅待機を免除する。検査と待機は入国者の約8割が免除される見通し。

 外国人の訪日観光客の受け入れも10日再開。羽田など5空港のみ認めている国際線発着は6月中に新千歳、那覇両空港に広げ、仙台空港なども検討する。政府は骨太方針案で「一日も早い経済社会活動の正常化」を掲げており、コロナ対策を段階的に見直していくことを強調している。

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube