原油、一時14年秋以来の高値

ウクライナ情勢で東京商品取引所

共同通信 | 01月27日 09:53

 26日夕から27日朝まで東京商品取引所で行われた中東産原油の先物夜間取引で、指標となる価格が上昇した。一時1キロリットル当たり26日清算値(株価終値に相当)比1600円高の5万9670円を付け、2014年11月25日以来約7年2カ月ぶりの水準に上昇した。

 ウクライナ情勢の緊迫化が要因。ロシアが侵攻しかねないとの懸念は原油市場でも根強く、現実化すれば米国などの制裁を受けロシアの原油輸出が滞ると連想された。

 また、ロイター通信がロシアなどと石油輸出国機構(OPEC)による「OPECプラス」について、増産ペースが3月も現状維持と見通しを報じたことも一因だった。

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube