ホンダ熊本、劇的サヨナラ勝ち 都市対抗野球準決勝、セガサミーに2─1

熊本日日新聞 | 2021年12月08日 21:53

セガサミー戦の9回、ホンダ熊本・古寺がサヨナラとなる中越えソロを放つ。捕手須田=東京ドーム

 第92回都市対抗野球大会第11日は8日、東京ドームで準決勝2試合を行い、県勢のホンダ熊本(大津町)はセガサミー(東京都)に2-1で九回サヨナラ勝ちした。決勝進出は、準優勝した2002年以来、19年ぶり。

 ホンダ熊本は五回、1死三塁から中島準矢の内野ゴロで先制。九回2死から、好投を続けた先発右腕の片山雄貴がソロ本塁打を浴びて同点に追い付かれたが、その裏に先頭打者の4番古寺宏輝が中越えのサヨナラ本塁打を放った。

 最終日は9日、同会場で決勝を行い、ホンダ熊本は初優勝を懸けて午後4時から東京ガス(東京都)と対戦する。

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube