国際線予約停止「行き過ぎた」

木原副長官

共同通信 | 12月05日 11:25

 木原誠二官房副長官は5日のフジテレビ番組で、新型コロナウイルス「オミクロン株」拡大を受けた国際線の新規予約停止について「行き過ぎた措置だった」と述べた。原因として「『慎重すぎるとの批判は私が全て負う』という岸田文雄首相の発言により、強い決意が霞が関に伝わった結果だ」との見方を示した。

 水際対策を巡る法的根拠が曖昧との指摘に対しては「首相は取り組みを検証して法改正につなげると言っている」と説明。まずは現行制度下で水際対策の強化に取り組むとした上で、入管難民法や検疫法を挙げ、改正の必要性が検討課題となる可能性を示唆した。

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube