熊本が準本拠地、サントリー競り勝つ Vリーグ、熊本大会で開幕 

熊本日日新聞 | 2021年12月04日 20:03

【サントリー-大分三好】第2セット、スパイクを放つサントリーのアライン(右)=県立総合体育館(後藤仁孝)

 バレーボールVリーグ1部(V1)男子の熊本大会は4日、県立総合体育館で開幕し、熊本を準本拠地とするサントリーが大分三好に3-2で逆転勝ちした。通算成績を9勝4敗(勝ち点23)とし、5位から3位に浮上した。

 サントリーは第1セット、デ・アルマス・アラインの活躍で主導権を握って25-20で先取。第2、3セットは相手サーブに崩され、ともに25-27で落とした。第4セットを25-18で奪い返すと、最終第5セットは秦耕介のスパイクなどで15-12で勝負を決めた。

 V1の熊本開催は昨年1月以来。最終日は5日午後1時から同会場で同カードを行う。

【サントリー-大分三好】第5セット、スパイクを放つサントリーの秦=県立総合体育館(後藤仁孝)

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube