リニア新幹線工事で崩落

作業員2人死傷、発破中

共同通信 | 10月28日 00:49

 崩落事故のあったリニア中央新幹線の瀬戸トンネル工事現場付近に立つ警察官=27日午後10時38分、岐阜県中津川市
 崩落事故のあったリニア中央新幹線の瀬戸トンネル工事現場付近に立つ警察官=27日午後10時38分、岐阜県中津川市

 27日午後7時20分ごろ、岐阜県中津川市瀬戸にあるリニア中央新幹線瀬戸トンネルの工事現場で崩落が起きたと119番があった。県警とJR東海によると、発破作業後の点検で坑内にいた5人のうち作業員2人が病院に搬送され、福井県美浜町河原市の小板孝幸さん(44)が死亡、愛知県長久手市の男性(52)が左足を骨折する重傷を負った。

 JR東海によると、リニア中央新幹線の工事では過去にも崩落が発生しているが死者は初めて。瀬戸トンネルは本線トンネルが長さ約4・4キロ。非常口トンネルが長さ約0・6キロ。2019年に工事に着手した。

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube