【立候補者インタビュー/3区】馬場功世氏(70)=社民新「3年間消費税ゼロを実現」

熊本日日新聞 | 2021年10月23日 10:00

馬場功世氏

 -出馬の動機と、訴える政策を教えてください。

 「新型コロナウイルス禍で子どもやシングルマザー、非正規労働者の生活が苦しくなっている現状を改善するためだ。命と人権を守る政治を実現したい」

 「特に重視する政策は3年間、消費税ゼロだ。年間200万円使う場合は税率10%で20万円なので、その額を賃上げしたのと同じ効果がある」

 -消費税ゼロは選挙目当ての政策のようにも映ります。社会保障の財源は手当てできるのですか。

 「消費税だけが社会保障の財源ではない。大企業の多額の内部留保に課税し、低すぎる法人税も引き上げる。不公平な税制をやめるべきだ」

 -熊本地震からの復興状況をどう見ますか。

 「全体的に復興は進んでいると思うが、新しい家を建設する際に住宅ローンが組めない高齢者もいる。そこへの手当てが求められており、建設型の住宅を補助するなどしてフォローしたい」

 -経済や農業の活性化策には何が必要でしょう。

 「コロナ禍で打撃を受けた飲食店や観光業に相応の補償が必要だ。そもそも政府のコロナの水際対策がまずかった。空港や港での検査や、陽性判明後の即座の隔離を徹底するべきだ」

 「県職員として農業分野に長く携わった。農家への補償制度の充実やコメ余りの解消、食料自給率の引き上げが欠かせない」

 -自民党政権で政治の私物化や腐敗が進んだと訴えています。

 「森友学園への国有地売却では公文書が改ざんされ、桜を見る会の招待者名簿はシュレッダーで破棄された。誰が考えても非常識な対応だ。国のトップがお友達や支援者を優遇したことは間違いないのに、おとがめなしなんて許されない。腐敗を一掃するには政権交代しかない」

 -政権批判が高まっても野党の支持率は低いままです。受け皿になりきれていないのではありませんか。

 「そこは反省しないといけない。野党は批判一辺倒だと言われるが、批判を招くことをしたのは自民党だ。こちらが対案を出そうとしても、国会で予算委員会を開くことすらしなかった。政権の問題点を指摘し続けることで投票率を上げ、勝利につなげたい」

 -中国や北朝鮮問題など近隣国との外交政策は。

 「対話だろう。今は互いに緊張感を生む政策をやっている。日本政府は失策を隠すために中国や北朝鮮の脅威を宣伝し、国民の目をそらしている。中国とは経済的に依存し合っており、話し合いしかない」(植木泰士)

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube