アトラクション マスクにシール貼って楽しんで

熊本日日新聞 | 2020年12月27日 17:00

ユニークなシールを貼ったマスクをアピールするスタッフ=荒尾市

 アトラクション数日本一を誇る熊本県荒尾市の遊園地「グリーンランド」。マスク姿でも楽しんでもらおうと、7月からマスクに貼り付けるユニークなシールを配布している。

 同園は新型コロナウイルス感染防止の一環で、来園者に大声で叫ぶことを控えるよう呼び掛けている。ただ、「絶叫できないなんて遊園地じゃない」との声が来園者から上がり、マスクに貼るシールを企画した。スタッフが「かわいさ」や「面白さ」などをテーマにアイデアを出し合ってデザインしている。

 シールは現在、リスや犬の口をイメージしたものなど17種類。ジェットコースターなど18カ所のアトラクション乗降場で受け取ることができる。

 担当する宣伝広報課の南大介さん(30)は「シールの組み合わせ方にお客さんの個性が見えますね。盛り上がっている気分をシールで表現してもらえたら」と話している。(樋口琢郎)

 ◆メモ イルミネーションは12月29日~31日、1月2、3日に実施するが、例年、大みそかに開催していたカウントダウンイベントや花火大会は中止。入園料は1700円(3歳~中学生、65歳以上は900円)。TEL0968(66)1112。

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note