衆院選の期日前投票所を設営 熊本市各区選管

熊本日日新聞 | 2021年10月18日 12:40

衆院選期日前投票所の設営で、投票箱を設置する職員=熊本市中央区

 熊本市各区の選挙管理委員会は18日、衆院選(19日公示、31日投開票)の期日前投票所の設営を市内20カ所で始めた。

 中央区の市役所別館駐輪場では、職員約10人が選挙区と比例代表に分けた記載台を4台ずつ組み立て、投票箱は最高裁裁判官国民審査分も含む計3個を設置した。新型コロナウイルス感染防止のため、アルコール消毒液やパーティションを置くほか、鉛筆の使い回しをしないなどの対策も取った。

 市内20カ所の期日前投票は公示翌日の20日から30日まで、午前8時半から午後8時に受け付ける。中央区以外の有権者が市役所14階ロビーで投票できる「集合型投票所」は24日開設し、受け付けは午前9時から午後8時。国民審査も同じ期間。

 県選管によると、2017年の前回衆院選(小選挙区)では、選挙人名簿登録者数(有権者数)の22・44%に当たる33万4448人が期日前投票した。(河北希)

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube