「菊池事件」再審へ支援を 弁護団、ネットで資金募る

熊本日日新聞 | 2021年09月28日 11:00

菊池事件の再審開始に向け、クラウドファンディングで支援金を募り始めたことを発表する弁護団=27日、熊本市中央区

 ハンセン病患者とされた熊本県内の男性が殺人罪に問われ、無実を訴えながら死刑執行された「菊池事件」の再審開始を目指す弁護団は27日、インターネット上のクラウドファンディング(CF)で、再審のための活動費用に充てる支援金を募り始めた。

 弁護団は昨年11月、元患者ら1205人を請求人とする再審請求書を熊本地裁に提出しており、支援金は請求人への活動報告や広報活動などに充てる。

 CFサイト「READYFOR」で支援を呼び掛け、500万円を目標に11月26日まで集める。3千円から100万円まで八つのメニューがあり、寄付者には活動報告メールを送る。

 熊本市内で会見した国宗直子弁護士は「再審請求人は高齢者が多く、若い人に関わってほしい。ネットを通して、関心が広がってほしい」と語った。

 CFサイトのアドレスはhttps://readyfor.jp/projects/kkch

(臼杵大介)

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note