富田選手に「くまもと夢づくり賞」 東京パラでメダル3個 島川選手ら3人に特別功労賞

熊本日日新聞 | 2021年09月08日 18:40

東京パラリンピック競泳男子でメダル3個を獲得した富田宇宙選手=4日、東京都内(代表撮影)

 熊本県の蒲島郁夫知事は8日の定例記者会見で、東京パラリンピックの競泳男子でメダル3個を獲得した富田宇宙選手(32)=日体大大学院、熊本市出身=に、県民に夢を与えた個人・団体をたたえる「くまもと夢づくり賞」を贈ると発表した。

 夢づくり賞は2009年に蒲島知事が創設し、県民栄誉賞と並ぶ栄誉と位置付けている。東京五輪・パラリンピックでの受賞決定は、五輪野球で日本の金メダルに貢献した村上宗隆選手(21)=ヤクルト、熊本市出身=に続き2人目。

 富田選手は視覚障害クラスの男子400メートル自由形と100メートルバタフライで銀メダル、200メートル個人メドレーで銅メダルに輝いた。

 蒲島知事は「仲間でライバルの日本選手との1、2位フィニッシュは感動した。富田選手は日ごろから逆境を乗り越える大切さを発信しており、賞にふさわしい」とたたえた。

 車いすラグビーで銅メダルを獲得した島川慎一選手(46)=バークレイズ証券、長洲町出身=と乗松聖矢選手(31)=SMBC日興証券、熊本市=、ゴールボール女子で銅メダルの浦田理恵選手(44)=総合メディカル、南関町出身=には県スポーツ特別功労賞を贈呈する。(内田裕之)

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note