西日本で災害級大雨恐れ

前線北上、降水域拡大へ

共同通信 | 08月12日 23:27

 増水した熊本県和水町の十町川=12日午後
 増水した熊本県和水町の十町川=12日午後

 停滞する前線の影響で12日は九州を中心に大雨となった。13日以降も非常に激しい雨が続き、降水域も西日本を中心に北日本まで広がりそうだ。気象庁は土砂災害に厳重警戒を続けるよう呼び掛けている。中でも熊本県では14日夕方までの2日間の総降水量が災害級の500~600ミリに達する可能性がある。

 12日には、積乱雲が連続発生することで同じ場所に雨が降り続ける「線状降水帯」が福岡県筑後地方と熊本県熊本地方にまたがって形成され、気象庁は「顕著な大雨情報」を発表して速報した。

 熊本県和水町では、十町川が氾濫し、町は最も危険度が高い場合の避難情報「緊急安全確保」を発令。

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note