ソフト後藤選手の「金」交換へ 河村市長のメダルかじりで

共同通信 | 2021年8月12日 13:46

 首に掛けられた後藤希友(右)の金メダルをかじる河村たかし名古屋市長=4日午前、同市役所
 首に掛けられた後藤希友(右)の金メダルをかじる河村たかし名古屋市長=4日午前、同市役所

 名古屋市の河村たかし市長が東京五輪ソフトボール日本代表後藤希友選手の金メダルをかじって批判が殺到した問題で、後藤選手のメダルが新しいものに交換されることが12日、関係者への取材で分かった。

 河村氏は市役所で取材に応じ「できる限り後藤選手の意向に沿った形で対応してもらいたい」と述べた。JOCの山下泰裕会長から「指導を受けた」とし、「交換費用は個人で支払いたいと会長に伝えた」と明らかにした。

 関係者によると、今回の問題を受けてIOCやJOC、大会組織委員会が調整した結果、取り換えることが決まった。後藤選手も了承しており、近く新しい金メダルが渡されるという。

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube