日本は全勝、正式競技で初優勝

野球・7日

共同通信 | 08月07日 23:28

 日本―米国 3回、米国のマルティネスから先制ソロを放った村上=横浜スタジアム
 日本―米国 3回、米国のマルティネスから先制ソロを放った村上=横浜スタジアム

 野球の決勝で日本が米国を2―0で下し、1次リーグから5戦全勝で正式競技としては初の金メダルに輝いた。

 日本は三回に村上(ヤクルト)のソロ本塁打で先制し、八回1死二塁から吉田正(オリックス)の中前打に悪送球が絡んで追加点を挙げた。先発の森下(広島)は5回を3安打無失点と好投。六回以降は継投でピンチをしのぎ、九回は栗林(広島)が締めた。

 銀メダルの米国は、野球が前回実施された08年北京五輪の銅に続くメダル獲得。

 3位決定戦ではドミニカ共和国が韓国を10―6で破り、野球では初のメダルとなる銅メダルを獲得した。

 稲葉篤紀監督の話 一つも楽な試合はなかった。選手の勝ちたい、金メダルを取りたいという思いが結束した。いいチームでいい試合ができた。(村上の先制本塁打は)ちょっと重たい空気だったが、あの一発でこっちに少し流れが来た。

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note