乾友紀子、吉田萌組は4位

アーティスティックスイミング

共同通信 | 08月02日 22:03

 デュエット予選フリールーティン 乾友紀子(右)、吉田萌組の演技=東京アクアティクスセンター
 デュエット予選フリールーティン 乾友紀子(右)、吉田萌組の演技=東京アクアティクスセンター

 アーティスティックスイミング(AS)のデュエットで、予選のフリールーティン(FR)が行われ、2大会連続のメダル獲得を目指す日本の乾友紀子(井村ク)吉田萌(ザ・クラブピア88)組は93・9333点で4位だった。メダルを争うウクライナのフィエディナ、サフチュク組は94・9333点の3位。

 コレスニチェンコ、ロマシナ組(ROC)が97・9000点で首位に立ち、黄雪辰、孫文雁組(中国)が2位で続いた。

 3日のテクニカルルーティン(TR)との合計点で上位の12組が決勝に進む。決勝は再びFRを行い、TRとの合計得点で優勝を争う。

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube