熊本県内、新たに51人感染 新型コロナ 累計7千人超す

熊本日日新聞 | 2021年08月01日 18:59

 熊本県と熊本市は1日、新たに51人の新型コロナウイルス感染を発表した。県内での感染確認は7千人を超え、7047人(うち熊本市3984人)となった。

 クラスター(感染者集団)は、山鹿市のスナックが2人増の11人、玉名市のキャバレー「ラブアンドピース」が1人増の8人にそれぞれ拡大。熊本市中央区のキャバクラ「ラグナテラス」は1人増えて13人になった。

 熊本市は市立必由館高の教職員1人と、市民税課の職員1人の感染を発表。県警は大津署の警察官1人の感染を明らかにした。

 新規感染者は、熊本市30人▽玉名市5人▽水俣市、山鹿市各3人▽甲佐町2人▽八代市、菊池市、宇土市、上天草市、玉東町、長洲町、大津町、球磨村各1人。年代別は、10歳未満3人▽10代11人▽20代13人▽30代9人▽40代10人▽50代3人▽60代、70代各1人。(高宗亮輔、山口尚久、上島諒)

熊日電子版「データで見える熊本県内感染状況」
※集計時間等が異なるため、最新の記事とは人数が違う場合があります。

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note