豪雨被災者の利用2千件超 法テラス熊本の無料相談

熊本日日新聞 | 2021年08月01日 10:00

 日本司法支援センター熊本地方事務所(法テラス熊本)は7月29日、昨年7月の豪雨災害の被災者を対象とした無料法律相談を7月2日で終了し、約1年間に2085件(速報値)の利用があったと明らかにした。

 内訳は、災害と関連した遺産相続などの「家庭問題」が最多の713件。次いで、住宅ローン返済などの「多重債務」が471件、契約トラブルや損害賠償などの「金銭」が467件、住まい再建など「不動産」が208件だった。

 法テラス熊本は昨年7月14日から、県弁護士会と共催で被災地の仮設住宅や公民館への巡回や電話で相談に応じた。被災者は総合法律支援法に基づき約1年間、収入や保有資産にかかわらず無料で利用できた。

 吉田賢一所長は「被災自治体などと連携して、引き続き被災者の法的問題の解決に尽力したい」と話した。(川野千尋)

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note