家族4人がボツリヌス食中毒 山鹿市、白米か総菜原因か

熊本日日新聞 | 2021年07月30日 11:29

 熊本県は29日、山鹿市の家族4人がボツリヌス毒素による食中毒を発症したと発表した。40代の夫婦が呼吸困難で入院中で、10代と10歳未満の子ども2人は回復した。県内のボツリヌス症発生は2012年以来。

 県によると、夫婦は17日、物が二重に見える複視や、ろれつが回らなくなる言語障害が現れ、医療機関を受診。19日には子ども2人にも脱力感などの症状が出た。

 県保健環境科学研究所(宇土市)が4人の血清や便を検査し、ボツリヌス毒素を検出したことから、29日に食中毒と断定。県は、4人が16日に自宅で食べた白米か市販の総菜が原因とみている。

 ボツリヌス症は、ボツリヌス菌が出す毒素で筋肉のまひなどが起こり、重症化すれば死亡する場合もある。1984年には辛子れんこんのボツリヌス菌中毒事件が発生し、全国で11人が死亡した。

 ボツリヌス菌は土壌や水に広く存在し、毒性をなくすには食材をよく加熱する必要がある。酸素が少ない密閉状態で増殖するため、県健康危機管理課は「食材を入れた真空パックが膨張している場合は食べずに捨ててほしい」と注意を呼び掛けている。(高宗亮輔)

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note