「天草市はワーケーションの適地」 沖縄県のITコンサル、拠点開設へ

熊本日日新聞 | 2021年07月27日 10:39

天草市と立地協定を結んだハナハナワークスおきなわの中村良社長(左から2人目)=26日、県庁

 ITを活用したコンサルティングなどを手掛けるハナハナワークスおきなわ(沖縄県)は8月、熊本県天草市に支店を開設する。プログラミングスクールや、農産加工品の販路拡大支援などに取り組む。

 全国でプログラミングスクールを運営する同社のグループ会社が昨年、八代市に進出。地方都市でデジタル技術の需要が高いと見込み、誘致に積極的だった天草市に拠点を設けることにした。5人を新規雇用する。

 26日、県庁で天草市と立地協定を締結。記者会見した中村良[まこと]社長は、熊本県は余暇を楽しみながら仕事をする「ワーケーション」の適地だとし、「地方であることがデメリットではない。デジタル技術を活用して地方の課題を解決したい」と述べた。

 同社は2017年設立、従業員数は11人。(中原功一朗)

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note