クレヨンしんちゃん、阿蘇の応援隊長だゾ 熊本地震の復興キャンペーン

熊本日日新聞 | 2021年07月15日 18:49

蒲島郁夫知事(左)から阿蘇地域の応援隊長の任命状を受け取る野原しんのすけ=15日、県庁

 熊本県は15日、人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の主人公で幼稚園児の野原しんのすけを、熊本地震で被災した阿蘇地域の魅力を発信する応援隊長に任命した。任期は来年3月末まで。

 県と県観光連盟が進める復興キャンペーンの一環。母親のみさえが阿蘇市出身と設定されている縁で、野原一家が応援隊となる。

 県庁で就任式があり、しんのすけに任命状を手渡した蒲島郁夫知事が「くまモンと仲良く阿蘇をPRしてほしい」と激励。双葉社(東京)の担当編集室長、鈴木健介氏は「地域の活性化につながるよう、しっかりアピールしたい」と話した。

 県は、草千里や大観峰など阿蘇の観光地約20カ所を巡るデジタルスタンプラリーを検討している。しんのすけらと記念撮影できるよう、現実の光景に架空の物体を重ねて映す「拡張現実(AR)」機能を備えたスマートフォン専用アプリを8月に公開する予定。(高宗亮輔)

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note