オリジナル「鉄印」発売 肥薩おれんじ鉄道、千枚限定で

熊本日日新聞 | 2021年07月10日 19:00

肥薩おれんじ鉄道のオリジナル「鉄印」。観光列車の車内で販売する鉄印には限定で会社名のスタンプが入る(同社提供)

 肥薩おれんじ鉄道(熊本県八代市)は、御朱印帳の鉄道版「鉄印帳」に記帳するオリジナルの「鉄印」の販売を10日、始めた。鉄印帳の発売1周年を記念したもので、10月31日まで千枚限定で販売する。

 鉄印帳と鉄印は、地方鉄道と沿線地域を盛り上げようと、第三セクター鉄道等協議会に加盟する全国の鉄道会社など40社が連携し、2020年7月から始めた。

 販売するのは事前に用意した書き置きの鉄印で、かんきつ畑の中を走る観光列車「おれんじ食堂」の写真を和紙にプリントしたもの。八代駅と川内駅(鹿児島県薩摩川内市)、「おれんじ食堂」車内で販売。列車内での鉄印と鉄印帳の販売は全国初で、列車内で販売する鉄印には限定で会社名のスタンプが入る。

 鉄印帳を持参し、350円以上の乗車券を持っている人が購入できる。1枚300円。(緒方李咲)

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note